太りにくい最適おやつ4選~ダイエット中も上手に息抜きしましょう。

ダイエット成功のための食事サイト

太りにくいおやつを選ぼう

メジャーが巻いてあるビスケット

「痩せたいから間食を一切食べない」と我慢しすぎてしまうと、ストレスが溜まってしまい身体にも心にも良くありません。

 

上手におやつを取り入れて、無理のないダイエット生活を送りましょう。

 

こちらでは、太りにくいおやつと食べ方についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

ビターチョコレート

ビターチョコレート

どうしても甘いものが食べたくなったら、カカオ70%以上のビターチョコレートを選びましょう。

 

カカオポリフェノールには抗酸化作用があり、血管やお肌を若々しく保つ効果も!
代謝をアップさせる効果もあり、エネルギー消費を活発にしてくれるため、ダイエット中のおやつにピッタリです。

 

ナッツ類

アーモンドやピスタチオなどのナッツ類

太りにくいおやつの代表。

 

アーモンドは、ビタミンEや食物繊維が豊富。
カシューナッツにはビタミンB1や亜鉛、ピスタチオには鉄分やカリウムなどの栄養分が含まれています。

 

ナッツ類はカロリーが高いため、1日20粒ほどを目安に摂取しましょう。

 

ゆで卵

栄養満点のゆで卵

“完全栄養食品”とも言われるゆで卵は栄養価が高く、たんぱく質・ミネラル・ビタミンが多く含まれています。

 

1個あたり約90キロカロリーと意外にヘルシーなのも嬉しいポイント!
食べごたえ抜群で腹もちも良く、小腹が空いた時におすすめのおやつです。

 

ビーフジャーキー

ビーフジャーキー

ビーフジャーキーは、100gあたり54.8gのたんぱく質を摂ることが可能です。

 

脂質も少ないため、低カロリー高たんぱく食材といえます!
また、食感も固くよく噛んで食べるものなので、満腹中枢が刺激されてお腹いっぱいになりますよ。

 

 

 

 

太りにくい食べ方

おやつを食べて太ってしまわないために、以下4つのポイントに気をつけてみてください。

 

  1. たんぱく質だけでなく脂質・食物繊維も一緒に摂れるものを選ぶ
  2. 1日200カロリーを超えないように意識する
  3. 昼食から4時間後、夕食の4時間前に食べるのがおすすめ
  4. 小分けのものが食べすぎ防止に繋がる

 

たんぱく質と脂肪を一緒にとると腹持ちがよく、満腹感を得られます。
また、ランチの後に間食することで、夕食の量を抑えられるのも魅力的です。

 

>>食べるタイミングも大切?

 

まとめ

食事制限を始めると、どうしても栄養が偏ってしまいがち。

 

その結果、太りやすい身体になったりストレスが溜まったりしてしまいます。
間食で必要な栄養素を補いつつ、健康的で美しいボディーを手に入れましょう。